--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/04/23 Sat  19:30
今日は朝から冷たい雨が降り続いています。【47日目】

先日22日もいつもの様に通院し、すこし呼吸が荒かったので酸素室に待機させてもらいまいした。
やはり呼吸が多少楽なのでしょう眠れていたそうです。
ここ数日の日課で鎮静後でも抵抗をみせるので抜けるだけの水を吸引し、直接ステロイドを溜まっている所に注入。
やはり処置後は楽になるようで鎮静剤が抜けるとフラフラしながらも部屋を歩いてくれています。
しかし、食事ができない為日に日に体力は落ちてきてしまっています。

23日もいつもの様に通院し酸素室で順番待ち。
今日は土曜のせいか、猫ちゃんを診察してもらう方が少々多かったです。

そうそう、今日は車の後部座席にシャナが入っている籠を置いたのですが、私の姿が見えないからなのかか細い声で「ニャ~ ニャ~」と鳴いていました。
久しぶりのシャナの声が力の無いものとなってしまっていてとても辛かったです。

いざ診察となると、いつもなら頭を持ち上げたりするのですが今日は伏せているだけで反応がよくありませんでした。
ここ数日は熱が下がっているので少し安心していたのですが、先生のお話によると体力低下の為にウイルスと戦う力が低下した為に熱がでていないのかもしれないと・・・・。
症状がでているのに熱が無いというのはそういう可能性が高いとの事です。

強制給餌しても口から出してしまうのを確認し「最終手段としては体力低下をこれ以上防ぐ為にチューブを入れる方法があります。しかし、処置をするのに呼吸器に繋ぐけれど麻酔をかけるリスクが大きいので最悪処置中に・・・」と言われました。なのでこのまま毎日少しでも呼吸を楽にするために吸引して見守るかリスクを承知でチューブを入れるかという選択を迫られています。

正直に言うと私としてはあまり辛い思いをしてほしくないんです。
一番はチューブを入れる処置が成功する事だと思います。
しかし、その処置はかなりのリスクだと思うんです。どうしても最悪のパターンしか想像できなくて、そうなった時、シャナは楽になるかもしれないけれど寂しいんじゃないかっと・・・。
もう長くないのであれば落ち着ける場所で私達の見守ってるところでっと思ってしまうのです。

助けてあげたい、でも辛い思いをさせたくない何をどうしてあげるのが一番なのかなかなか結論がでません。



シャナはどう思ってるのかな~って本当に聞きたいです。







関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活   ジャンル : ペット

Comment

☆ 

辛い選択だね。
わたしならどうするだろう・・・って
半日考えても結局答えがでなかった;
うちの子が死ぬか生きるかの瀬戸際なら
どうにか元気になるためにどちらにしても最善を尽くそうとすると思う・・・。

☆ 

とても辛くて難しい選択ですね。
ひとみママさんの気持ちはまるで自分の事のように思います。私も同じように悩むのでしょうね。どちらにしても苦しい選択ですが、これだけシャナちゃんのことを思ってるひとみママさんが決めた事ならそれが一番なのだと思います。間違いではないと思います。

ホントに私は文才がなくて、すみません。もっとうまく伝えられればいいのに…。




    
    管理者にだけ表示を許可する


Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]

シャナちゃん

シャナ001
script*KT*
2011年3月6日にFIPかもしれないと診断を受け、 その後48日間闘病生活の末にシャナは送り天国へと旅立ちました
生後7ヶ月と17日の朝でした。
シャナの天国への旅立ち
↑シャナの最後の日の日記です。

蓮くん

蓮プロフ
script*KT*

書いてる人

HN:セラ (ひとみママ改めセラに統一しました。)
2010年12月7日にシャナちゃんのママになりました。わが子になって3ヶ月でFIPかもしれないという診断をうけブログに綴ろうと開設しました。 シャナを天国へと見送った後もラグドールへの熱は冷める事がありません。 現在は、2ニャンと息子に翻弄されつつ楽しい日々を過しております。

最新コメント

月別アーカイブ

現在の時間をお知らせします


今日は昨日と違ってとてもいい天気できもちいいですね。 ≪         HOME         ≫ 本日、シャナは苦痛から開放されました 【48日目】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。